引っ越し費用が安い時期はいつ?

引っ越し費用が安い時期はいつ?

引っ越し費用には定価がなく、トラックや人員の空き状況によって決定されること最初に説明しましたが、空き状況は時期によってことなります。
いわゆる、繁忙期と閑散期です。

5月から2月は、転居する人があまり多くないため、料金は安くなることが多いですね。
特に平日の場合、複数の業者で相見積もりすれば、引っ越し費用の大幅値引きも可能です。
経験では、半額になったこともありますね。

3月と4月は、引っ越し業者が一番忙しい時期なので、費用も高いですね。
特に忙しい日になると、見積もり料金の値引き交渉をしても、応じてくれないこともあります。
なるべく安くするには、少しでも早く依頼するのがコツです。

引っ越し費用は3月と4月が高く、それ以外の時期は安いのですが、月によって若干のバラツキもあります。

参考:引っ越し安い時期

引っ越しが安い時期は何月の何曜日?

引っ越しが安い時期は何月の何曜日?

結論から言うと、一番安い引っ越し方法は、トラックをレンタルして自分で運ぶ方法です。
デメリットは女性だけで作業する場合、トラックに運ぶまで重量があるので、どうにも運ぶことができないという点です。

あくまで、安い引っ越し業者ということであれば、私が行ったことは、まず複数の会社に連絡して相見積もりをとります。
5万という会社もあれば、3万の会社もありました。
相場を分かっていないと、高いか安いかもわかりません。

また、時期によって値段が変わってきます。

繁忙期、閑散期があります。
特に3月~4月は高い時期です。
季節の変わり目の記事はおすすめしません。

曜日は、月曜日から金曜日が安いです。
土日は、忙しいので高いです。

引っ越しの時間も、午前にやってもらう場合と午後にやってもらう場合では、午後の方が安くなります。

午後開始だと、午前開始の他の家での作業後になる場合があるからです。
時間がどれくらいかかるか、もしくは時間が予定より押すこともあり、開始時間がはっきりしないため、午後の方が安く設定されています。

以上の方法で、一番安い引っ越し業者は、住んでるアパートのポストにチラシを入れていた会社でした。
コマーシャルをよく行っている大手は、宣伝費にかかってしまうため、細々と営業している会社の方がコストパフォーマンスが良いと感じました。

引っ越しが安い時期に見積もりするのが重要

引っ越しが安い時期に見積もりするのが重要

転居を行うには準備をする必要があり、手順を考えて計画を立てることが重要です。
転居には様々な手続きがあるために、正しい手順を守って忘れずにする必要があります。

引っ越しをするには、時期を考えてから予約をする必要があり、かかる費用や内容などを比較して選ぶことが大事です。
繁忙期などは、比較的予約が難しいために、段取りを正しくすることを心がける必要があります。


段取りを決めるには、業者の比較をしてから日時を確保して決める必要があり、住所変更や不要品処分などの日時を正しく選ぶことが大事です。
正しく引っ越しするには、手順通りに準備をすることを心がける必要があり、時間を効果的に使えるように考える方法が最適です。

一番安い業者を選ぶには、インターネットで一括見積もりを参考にする方法が望ましく、自分に適した方法を探すことが大事です。
引っ越しは、時期や内容によって価格が違うために、利用者の口コミなどを参考に自分に適した方法を正しく選ぶ方法が望ましいです。

正しい手順を考えるには、優先順位を決めてから適切な方法を考える必要があり、契約している公共料金の住所変更手続きを正しくすることが重要です。
転居後に同じ物件を利用する人のことを考えて手続きをする必要があり、流れを正しく把握して最適な方法を考える必要があります。

引っ越しが安い時期と安くする方法

引っ越しが安い時期と安くする方法

3月、4月は新しい生活を始めるにあたり、引っ越しが多い時期となります。
新生活を始めるためにはお金はかかるもので、なるべく相場より安く引っ越すコツを教えます。

引っ越し業者はすぐに決めずに、一括見積もりサービスを利用して数社ほどで見積もりをとってください。
実際に見積もってみると、高いところと安いところでは数万円の差がでてくるはずです。

そして、3月・4月は引っ越し業者も忙しい時期なので、割高な相場になっている会社もあります。
できればその月は避けて、1月・6月・7月に引っ越すと安い時期なのでおすすめです。

せっかくなので、転居するにあたり不用品はたくさん売りに行くなり、捨てるなりしましょう。
高く売れれば、節約・転居費用にもなります。

少ない荷物であれば、小さいトラックで少ない人数の地域密着の業者に依頼することも可能なので、費用はおさえられます。
引っ越す日にちを決めたら、時間はフリーにするのもコツです。

午前中に作業を依頼する人が多いので、午前便は割高となります。
引っ越しが多い時期にに引っ越すのであれば、帰り便がないかも営業担当者に確認しましょう。

午前便の人の作業を終えて帰るトラックに、荷物をのせて引っ越す方法です。
その場合は人件費や燃料費に無駄がなくなるので、相場より安いのがメリットです。